矯正歯科ortho

  • TOP>
  • 矯正歯科

ortho

きれいな歯並びは笑顔を引き立てますが、歯並びが悪いと口元が気になりコンプレックスになりがちです。いわゆる「出っ歯」「八重歯」「歯がデコボコに生えている」などは見た目がよくないだけではありません。歯並びが悪いとお口の自浄作用がはたらきにくく、汚れが溜まり、そこからむし歯や歯周病を発症しやすいのです。

「前歯は整えたいけれど、あまり時間をかけたくない」と思っている方は、京都府長岡京市梅が丘の歯医者「福田歯科クリニック」にご相談ください。部分的に前歯だけを整える矯正治療にも対応します。またデジタル化を活用したワイヤーブラケット矯正治療もご相談ください。

部分的な矯正なら気になるところだけなので治療期間が短めです

部分的な矯正なら気になるところだけなので治療期間が短めです

「前歯のデコボコだけきれいにしたい」「矯正治療に時間をかけたくない」など、歯並びは気になるけれど、お口全体の歯並びや咬み合わせを整える矯正治療は、お金も時間もかかるから……と決心がつかないでいませんか? そういう方には、「部分的な矯正歯科治療」が合うかもしれません。

数本の歯を動かすだけなので、咬み合わせまでは整えられませんが、全体の歯列矯正を行うよりも短期間に、そして治療費用を抑えて歯をきれいに並べることができます。

部分的な矯正治療の特徴
メリット デメリット
  • 2~6ヶ月と比較的短期間で治療可能
  • 全顎治療にくらべて治療費用を低く抑えられる
  • 大がかりな矯正装置ではないので、痛みの軽減につながる
  • 咬み合わせを整えるのは難しい
  • 歯を大きく動かさなければならない症例には適応できない
全顎矯正と部分矯正の違い

全顎矯正と部分矯正の違い

歯列全体を動かす通常の矯正治療の「全顎矯正」と、部分的に歯を動かす「部分矯正」の違いをわかりやすく表にしてみます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  全顎矯正 部分矯正
治療期間 2~3年 2~6ヶ月
治療費用 100万円以上 20~30万円程度
痛み 歯列全体をワイヤーで締めつけて動かすので、ある程度の痛みがある 動かすのは前歯だけなので、痛みが少ない
おすすめする方は……
  • 短期間で矯正治療を済ませたい方
  • 矯正治療費用をできるだけ抑えたい方
  • 前歯だけ治療したい
  • 痛みをできるだけ抑えたい など

デジタルワイヤー矯正「インシグニア」

デジタルワイヤー矯正「インシグニア」

さまざまな分野でデジタル化していますが、それは歯科医療も同じです。この技術を駆使してワイヤーによる歯科矯正治療を行うのが、デジタルワイヤー矯正「インシグニア」です。1歯ごとに40,000以上のデータ分析を行いながら、ソフトウエア独自の学習機能により治療計画をデザインして、治療後の歯並びと咬み合わせを理想の状態に導くのです。

インシグニアの特徴
1:治療のシミュレーションができる

1:治療のシミュレーションができる

デジタル技術を使う「インシグニア」は治療後の歯並びだけでなく、その治療経過もモニタで視覚的に確認できます。患者様にもわかりやすいので、安心して治療を受けられます。

2:効率のよい治療

これまでのドクターの経験と勘に頼る矯正治療とは異なり、歯の状態や位置を正確に計算して予測できます。それが1回の治療時間の短縮と少なめの通院回数につながるのです。

3:オーダーメイドのブラケット

使用するのは患者様のそれぞれの歯に合わせてデザインしたブラケットです。ワイヤーも設定どおりに通せるように透明ジグ(装着ガイド)を活用するので、治療効率を落としません。

4:マウスピースによる矯正治療では難しい症例にも対応

ワイヤー矯正はほとんどの症例に対応可能です。マウスピースだけでは動かすことができない症例にも対応します。

075-959-0555

お問い合わせ