接着ブリッジ・入れ歯denture

  • TOP>
  • 接着ブリッジ・入れ歯

denture

年齢を重ねてもずっとお口の健康を保つためには、むし歯や歯周病を未然に防ぐことが大切ですが、それでもお口のトラブルやケガなどのさまざまな理由で歯を失うことがあります。そのときは、たとえそれが1本の歯でも、できるだけ早く機能回復することが大切です。

そのための治療を補綴(ほてつ)治療といい、入れ歯治療やブリッジ治療などが含まれます。京都府長岡京市梅が丘の歯医者「福田歯科クリニック」ではさまざまな治療に対応しますので、お気軽にご相談ください。

失った歯の機能回復はとても大切です

失った歯の機能回復はとても大切です

永久歯は親知らずを除いて28本です。それぞれの歯がその位置に合った形をしていて、食べ物を咬み切ったり、細かくしたり、つぶしたりして飲み込めるようにします。その際の複雑な動きの間、バランスをとっているのです。そのため「1本くらいなくなっても大したことない」と思うかもしれませんが、残念ながらさまざまな問題の引き金になります。

歯を1本失うととなりの歯は倒れ込み、咬み合う歯は伸びてきます。そうしてこれまですべての歯で保っていたバランスがくずれていくのです。するとまるでドミノ倒しのように、歯の健康が損なわれかねません。

歯がないことによる悪影響
1:見た目の印象が変化して、老けてみえることも

前歯がなくなると、口元の印象が大きく変わります。また、唇のまわりにしわが寄りやすくなり、頬がこけて見えたりして、老けた印象を与えることもあります。奥歯がなくなると、うまく咬めなくなり、お口まわりの筋肉が痩せて老けた印象につながってしまうのです。

2:咬み合わせのバランスがくずれる

歯はすべての歯でバランスをとっています。また、舌や頬の筋肉とも関連します。そのため、歯を1本でも失ったまま放置すると、お口の咬み合わせのバランスがくずれ、残っている歯に大きな負担がかかり、歯ぐきや顎の骨にも悪影響を与えることがあります。

3:発音がはっきりしなくなる

失った歯の部位によって、空気が漏れたり、舌の位置が定まらなかったりして、発音がクリアでなくなることがあります。相手がことばを聞き取れないと、だんだんとコミュニケーションに支障をきたす恐れがあります。

4:食事が楽しめなくなる

失った歯の位置や本数によって、咬み切れなかったり、つぶせなかったりと咀嚼がうまくいかなくなることがあります。「歯ざわり」や「咬み心地」の楽しみも半減してしまうかもしれません。またうまく咀嚼ができないと、大きなまま飲み込むことになり胃腸への負担が増え、それが全身の健康にも影響する可能性があります。

入れ歯治療のメリット

入れ歯治療とは、取り外し可能な入れ歯で、失った部分を補う方法です。歴史が古く、部分的に歯を失ったときにも、すべての歯を失ったときにも対応します。入れ歯治療のおもなメリットを4つご紹介します。

メリット1:比較的安価です

失った歯の機能回復の治療にはインプラント治療もありますが、入れ歯治療はそれにくらべて安価です。保険診療の入れ歯を選択すれば、医療費を一部負担するだけです。自費診療の入れ歯でもインプラント治療よりも費用を抑えられます。

メリット2:治療期間が短めです

外科治療で人工歯根を埋め込むインプラント治療は、治癒期間が含まれるため、数ヶ月から半年の期間がかかります。いっぽう、入れ歯治療の場合、早ければ1ヶ月程度で治療可能です。

メリット3:誰でも受けられます

入れ歯治療の場合、患者様にほとんど負担がかかりませんので、持病があっても問題ありません。またどんな症例にも対応可能です。いっぽう、インプラント治療は外科手術をともなうので、全身疾患をお持ちの場合、受けられないことがあります。

メリット4:理想的な咬み合わせが得られます

とくに多くの歯を失った場合、顎の全体の動きを考慮して咬み合わせの高さなどを調整できます。理想的な咬み合わせに導きやすい治療法です。

入れ歯を快適に使い続けるためには調整が欠かせません

入れ歯を快適に使い続けるためには調整が欠かせません

つくったときにはピッタリ合っていた入れ歯もだんだんと合わなくなります。そのため、ずっと使い続けるためにはときどき調整する必要があります。そもそも入れ歯が合わなくなるのには理由があるのです。

1:歯ぐきや顎の骨が痩せてしまう

歯を失うと、その歯のまわりで歯を支えていた顎の骨が痩せていきます。吸収されてなだらかになるのです。そのため、顎の骨もその上を覆う歯ぐきもだんだん変化し、経年により入れ歯と合わなくなるのです。

2:入れ歯を支える支台歯へのダメージ

部分的に歯を失ったときにつくる部分入れ歯は、残っている歯にバネ(クラスプ)をかけるので、支台歯には大きな負担がかかります。そのため、咬み合わせのバランスがくずれたり、入れ歯が合わなくなったりしたときの支台歯へのダメージはかなりの大きさです。

3:入れ歯が劣化する

レジン(歯科用プラスチック)でつくられる入れ歯は時間とともにすり減ったり、破損したり、においがついたりします。また、保管方法を誤って乾燥させてしまうと変形します。そうすると入れ歯が合わなくなってしまうのです。

患者様のお口に合った入れ歯を

患者様のお口に合った入れ歯を

入れ歯にはさまざまな種類があります。大きく分けて保険診療と自費診療の入れ歯があるのはご存じだと思います。保険診療の入れ歯は比較的安価につくれますが、使用素材や治療方法には制限があります。いっぽう、自費診療の入れ歯は、作製方法にも使用素材にも広い選択肢があります。

それぞれに特徴・メリット・デメリットがありますので、内容を理解して、患者様のご要望に合う入れ歯治療を選ぶことが大切です。

「接着ブリッジ」は両となりの歯をほとんど削りません

「接着ブリッジ」は両となりの歯をほとんど削りません

歯を1本~数本、失ったときの治療の選択肢にはブリッジ治療があります。それは両となりの歯を削って支台にして、橋(ブリッジ)のように連結した人工歯を装着する方法です。歯の形に似ていて、固定するので比較的しっかり咬めますが、支台となる歯に大きな負担がかかります。

歯科医療の技術や素材の進歩により、少し異なる治療法が開発されました。それは、となりの歯をほとんど削らずに、接着して失った歯の機能回復をはかる方法で、「接着ブリッジ」といいます。

従来のブリッジ治療

従来のブリッジ治療

支台となる両方のとなりの歯を削らなければなりません。歯は削ってしまうと弱くなるうえ、支台となる歯には大きな負担がかかるので、その歯の寿命を縮めてしまう可能性が大きい治療です。健康な歯を削らなければならないのがデメリットです。

接着ブリッジ治療

接着ブリッジ治療

「接着ブリッジ」は、補う歯の両脇の羽のような部位と残っている歯を接着する方法です。支台となる健康な歯質をほとんど削りません。そして歯の内部の神経も残せます。金属不使用なので金属アレルギーの心配がなく、自然で美しい見た目です。1~2回の通院で治療が終わるのもメリットです。

接着ブリッジのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 歯を削る量が少なめ
  • 手術が不要
  • オールセラミックなので美しく仕上がる
  • 治療回数が少なめ
  • 通常のブリッジよりも耐久性で劣る
  • 歯ぎしり・食いしばりで外れることがある
  • 適用部位がかぎられる
おすすめする方は……
  • インプラント治療は手術があるのでできれば避けたい
  • できるだけ歯を削る量を抑えたい
  • 自然できれいな見た目にしたい など

当院の入れ歯治療

保険診療
レジン義歯床

床部分をレジンでつくる入れ歯です。部分入れ歯の場合は残っている歯に金属製のバネをかけます。

メリット デメリット
  • ほとんどの症例に対応
  • 保険診療なので比較的安価
  • 修理が比較的かんたん
  • 厚みがあり、ある程度大きいので装着時に違和感がある
  • 破損しやすい
  • 熱や乾燥で変形しやすい
  • 定期的な修理やつくり直しが必要
自費診療
金属義歯床

※表は左右にスクロールして確認することができます。

コバルトクロム チタン ゴールド
コバルトクロム チタン ゴールド

床部分が金属製の入れ歯です。薄くて丈夫なので違和感が少なめです。食べ物の温度を感じやすいので食事を楽します。金属の種類によって装着感や見た目が異なります。

メリット デメリット
  • ほとんどの症例に対応
  • 丈夫なので強く咬める
  • 薄いので違和感が少なめ
  • 食べ物の温度を感じやすい
  • 金属アレルギーの心配がある
  • 定期的な調整が必要
  • 修理が難しいことがある
ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

特殊な樹脂でできていて、金属のバネを使わない部分入れ歯です。バネがないので目立ちにくく、歯ぐきにフィットします。

メリット デメリット
  • バネがないので見た目が自然
  • バネをかける支台歯がないので負担がかからない
  • フィット感にすぐれている
  • 外れにくい
  • 症例によって適さないことがある
  • 修理が難しい
  • 着色しやすい
コーヌスクローネデンチャー

コーヌスクローネデンチャー

残っている歯に内冠を装着し、それにぴったり合う外冠を入れ歯と一体化させて、茶筒のフタのような仕組みで入れ歯を安定させます。固定する部分が見えないので見た目が自然で、外れにくい入れ歯です。

メリット デメリット
  • 見た目が自然
  • 入れ歯を小さくできるので、異物感が少なめ
  • 装着時に痛みがでにくい
  • 歯の欠損状態に左右されるので、適応症例がかぎられる
  • 支台になる歯を削らなければならない
マグネットデンチャー(磁性アタッチメント)

マグネットデンチャー(磁性アタッチメント)

残っている歯根に磁性金属を埋めて、その上の入れ歯部分に磁石を埋め込み磁力で入れ歯を固定する方法です。固定装置が見えないので見た目が自然で、ずれにくく、しっかり咬めます。

メリット デメリット
  • 固定装置が見えないので見た目が自然
  • 磁力で固定するのでずれにくい
  • 着脱しやすい
  • 磁性金属を埋め込むので、MRI検査などの際には外さなければならない
  • 歯の欠損状態や残っている歯の状態に左右される
治療費
金属床(コバルトクロム) 275,000円
金属床(チタン) 330,000円
金属床(金合金) 440,000円

※すべて税込価格です

075-959-0555

お問い合わせ