歯周病治療・予防歯科

いつまでも自分の歯を大切に~歯周病治療と予防歯科~

日本人の8割もが感染している歯周病は、“国民病”といわれるほどの病気です。でも歯周病は、全身の健康にも悪影響を与える可能性のある病気でもあります。京都府長岡京市の歯医者「福田歯科クリニック」では、歯周病への積極的な治療を行っています。少しでも気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

歯周病治療

歯周病とは、口腔内にある細菌が引き起こす感染症で、歯を支えている顎の骨が溶けていく病気です。放置しておくと歯がグラグラするようになり、やがて抜け落ちてしまう恐れもあります。歯周病に気がついたら、早急に適切な治療を行うことが大切です。

全身疾患と歯周病の関係~歯周病を放置する危険性~

歯周病は全身疾患にも大きな影響を与えていることが分かってきました。治療せずに放置していると、全身疾患のリスクも高くなってしまいます。

歯周病は、初期にはほとんど自覚症状がないため、症状に気がついたときにはすでに進行している可能性があります。「歯がグラつく」「ブラッシングすると出血する」など、口腔内の異変に気がついたら、早めにご来院ください。

  • 糖尿病
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 動脈硬化
  • 細菌性心内膜炎
  • 誤嚥性肺炎
  • 早産/低体重児出産 など
歯周病の進行段階
進行段階 症状
歯肉炎
歯肉炎
痛みなどの自覚症状はほとんどありませんが、歯の付け根にプラークが溜まり、歯ぐきに炎症が起きている段階です。ブラッシングをしたり、硬い物を食べたりしたときに、歯ぐきから出血することがあります。
軽度歯周炎
軽度歯周炎
歯と歯ぐきの間にある歯周ポケットが深くなり、歯ぐきが腫れ、顎の骨が溶けはじめます。ブラッシングのときに出血が見られるほか、冷たい物がしみたり、口臭がきつくなったりすることがあります。
中等度歯周炎
中等度歯周炎
歯周ポケット内部の炎症が進み、歯ぐきの腫れや出血、口臭といった症状がひどくなってきます。顎の骨は半分ほど溶けてしまい、歯がグラグラしはじめます。歯が浮くような感覚も現れます。
重度歯周炎
重度歯周炎
歯ぐきが下がって歯が長く見えるようになり、歯と歯ぐきの境目からは膿が出てきます。この段階では顎の骨が3分の2ほど溶けてしまい、歯のグラつきがひどくなります。このまま放置すると、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまいます。
歯周病検査
  • 歯周ポケット検査
    歯周ポケット検査

    「プロープ」という専用の器具を使って、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間にある隙間)の深さを測ります。歯周病が進行すると、この深さが深くなります。

  • 歯の揺度検査
    歯周ポケット検査

    歯をピンセットのような器具でつまみ、前後左右、上下に動かして、どのくらいグラついているかを調べます。グラつきの幅が大きければ大きいほど、歯周病が進行しています。

  • レントゲン検査
    レントゲン検査

    レントゲン撮影を行い、歯を支えている顎の骨がどのくらい溶かされてしまっているかを確認します。骨密度が低いほど、歯周病は悪化しています。

当院での歯周病治療
  • スケーリング
    スケーリング

    「スケーラー」という専用の器具を使って、日常のブラッシングでは落としきれないプラークや歯石を取り除きます。比較的軽度な歯周病に適した治療方法です。

  • ルートプレーニング
    ルートプレーニング

    「キュレット」という器具を使って、スケーリングでは除去できなかった、歯周ポケットの奥にこびりついたプラークや歯石を取り除きます。さらに歯の表面をみがいてなめらかにし、汚れが再付着するのを防ぎます。

  • 歯周ポケット掻爬(そうは)術
    歯周ポケット掻爬(そうは)術

    局所麻酔を行い、歯周ポケットの奥深くにあるプラークや歯石、感染した組織を取り除きます。軽~中等度の歯周炎に対して行われる、外科的な治療方法です。

  • フラップ手術
    フラップ手術

    局所麻酔をした上で歯ぐきを切開し、歯根を見えるようにした上で、プラークや歯石、感染した組織を除去します。中等度以上の歯周炎に対して行われる、外科的な治療方法です。

予防歯科

予防歯科

虫歯や歯周病は、痛みを感じたときにはすでに症状が進行しているため、歯を削ったり歯ぐきを切開するなど、患者様への負担が大きい治療が必要になるケースもあります。一度削ったり抜いたりした歯は、二度と元に戻ることはありません。当院では、あらかじめ虫歯や歯周病にならないようにする予防歯科に力を入れて取り組んでいます。

当院での歯周病治療
  • メリット1:虫歯・歯周病の発症を防ぐことができる
  • メリット2:定期的に検診に通うことで、虫歯や歯周病を早期に発見でき、治療に取りかかれる
  • メリット3:早期に治療を行うことで、治療にかかる時間や費用、痛みなどの負担が軽くて済む
  • メリット4:いつまでも自分の歯で、好きな物をおいしく食べることができる

妊婦さんのための予防歯科

妊婦さんのための予防歯科

妊娠中はホルモンバランスの崩れ、食べ物の好みの変化、あるいはつわりといったさまざまな要因が重なって、口腔内の衛生状態が悪化することがあります。虫歯や歯周病にもなりやすくなるため、安定期に入ったころに一度検診に来ていただくことをおススメします。

妊娠性歯周炎

妊婦さんの口腔内は、「妊娠性歯肉炎」を起こしやすい環境になっています。これは、エストロゲンという女性ホルモンの影響と考えられています。歯肉炎が悪化すると歯周病になり、早産や低体重児の出産を招く恐れがあるといわれているため、妊娠中は以下のことに注意して、歯周病の予防を心がけましょう。

  • 毎日のブラッシングを、これまで以上に丁寧に行いましょう
  • バランスの取れた食生活を心がけましょう
  • 出血や歯ぐきの腫れなど、歯肉炎の症状があれば、早めに適切な治療を受けましょう
自宅でできるケア方法

妊娠中、特につわりのあるときは、無理に食後にこだわってブラッシングを行う必要はありません。体調のよいときを見はからってブラッシングをしてください。吐き気を防ぐために、次のようなことを工夫してみるのもいいでしょう。

自宅でできるケア方法
工夫1:喉の近くを刺激しない

小さめの歯ブラシを使い、奥歯から前へかき出すようにブラッシングをしましょう。顔を下向きにすると喉にだ液が流れず、吐き気を抑えることができます。

工夫2:敏感となるにおいに配慮

無香料か、においのきつくない歯磨き粉を使い、1回の使用量は小指の先くらいにします。何もつけずにブラッシングしても問題ありません。

工夫3:歯ぐきをマッサージするバス法

歯と歯ぐきの境目に、45度の角度で歯ブラシを当てます。細かく振動させるような感じでブラシを動かし、2~3本ずつ汚れをかき出していきます。

工夫4:歯ぐきをマッサージするローリング法

歯に沿うように歯ブラシを当てて、そのままゆっくりと回転するように動かします。毛先が歯から離れないように押さえつけながら動かしましょう。